top

POLO 1.2 TSI (6RCBZ) : Energy Saver+ を装着

| コメント(0) | トラックバック(0)

20170507_001.jpg

サマータイヤも新車購入時のタイヤが丸6年経過し、そのうち1年は不使用だったものの5年経過でそろそろ交換時期と考えました。しかしいつまでたっても185/60R15のタイヤが増えないので、仕方なくEnergy Saver+に交換することとしました(185/60R15 88H XL)。

前タイヤContinental Premium Contact2は本当に特徴がなく、静かなわけでもなく乗り心地がよいわけでもなくグリップがいいとも言えず、反対に、うるさいわけでもそうバタつくわけでもグリップがないとも言えない、掴みどころのないタイヤでした。まあ危ないシーンは記憶にないので、パランス的には問題ないのでしょう。普通に買うとそれなりの金額だったはずですが、どうもゴツゴツ感だけはあり、これはいいね、と思ったことがありません。足回りとの兼ね合いももちろんあるでしょう。

Energy Saver+は、エコタイヤでベーシックカー向けですから、先に装着していたX-ICEより安くつくほどですが、ウェットグリップが問題ないか気になるところで、なおかつややうるさいという評価もあり、しかしMICHELINだと本当にこれしかないのでかなり仕方なく選んだ感じです。まあローパワーの、グリップが燃費に直結しそうなクルマには多分向いているだろうと思って決めました。

静粛性は、路面によります。良い路面の場合思ったよりも静かで、前タイヤをしのぎます。荒れた路面でも静かにこなすというほどのものではありません。全体的には、値段の割には思ったより静かかな、という印象。ある程度走ると静かになるというコメントもありましたが、今のところそういうことはないような。

乗り心地については前タイヤとほぼ同等かややソフトか。こちらも予想よりは良い印象です。

燃費については全く前タイヤと変わりなし。まあこれからの暑い時期にどうなるのかが見ものです。

総じて、値段の割には問題が少ないようで、MICHELINのベーシックタイヤ性能はそこそこいけると思った次第です。

なおこのタイヤ交換直前にオイル警告灯がつき、このときは原因がわからずディーラーでのオイル継ぎ足しで対処したものの、交換日に点検したところブローオフバルブの破損が判明。これによりブローバイが増加したためにオイル消費が増えたのではないかとのこと。他のユーザーさんで、ほぼ同じ時期にプラグコード断線が発生した方がいて、その方も同時期にブローバイバルブが破損したとのことで、エンジン始動時のカムチェーン鳴りも同じらしいので、今度の車検ではテンショナー交換なのかな(その方は交換済み)。症状が出たときにはすぐに伝えているものの、原因不明と言われることが多いので、ほんとかねと思ってしまいます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.modularsound.net/mt/mt-tb.cgi/488

コメントする

カテゴリを選択

月別記事一覧

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。