top

F1 日本グランプリ 2015 (鈴鹿サーキット) その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

しばらくするとレコノサンスラップが不意に始まりました。今回は椅子持参でスペースに余裕があるので、FJやPorsche Cupでさんざん撮影練習して慣れていたつもりが、ベッテルだったかライコネンだったか、いきなり予想以上のツッコミでやってきて慌てました。

20150927_021.jpg

レース時のドライビングを見ても、多分先頭はベッテルだったと思いますが、これは速い。これは速いですよ(森脇)。観戦ポイントはLエリアの端っこで、マーシャルポストのすぐ近くですが、250Rからおそらく300km/h超えで突っ込んでくるところで(予選ではロズベルグが313km/h)、やはりF1の速さを痛感します。一瞬で200km/h台に落ちて曲がっていくわけですが、カメラを振るのも大変です。

さて、決勝が始まりました。

20150927_035.jpg

どうやらハミルトンがポールのロズベルグを強引に抜いたという情報が伝わったものの、だいたい問題なく隊列になったと思っていたら、いきなり接触があった模様。マッサがよろよろとやってきました。ホイールが損傷していてダメです。

20150927_020.jpg

マッサより前にリカルドが来ましたが、こちらもダメです。スプーン出口がいまいち遅かった印象あり。

20150927_022.jpg

グロージャンは今回は堅実な走りで、師匠マルドナドを従えていました。Lotusは資金が完全に枯渇し、鈴鹿ではホスピタリティスペースへの入場が許されず、メシ代も出ないということでバーニーが都合を付けたとのこと。その中での好走です。

20150927_024.jpg

ボッタスは上位を走っていたものの、いまいち空気だったかな。

20150927_025.jpg

サインツもあまり印象がないです。ただスプーン出口では比較的踏んでいたように思います。

20150927_026.jpg

ハミルトンは全く危なげない感じ、スプーンで入りから出口まで実にスムーズで、無理なく速い印象です。

20150927_027.jpg

ペレスはあまり印象なし。

20150927_028.jpg

クビアトはドライブ中眠気が来なかったか。

20150927_029.jpg

マッサは孤軍奮闘。

20150927_023.jpg

エリクソンがスピン。ここ(鈴鹿)、昔走ってたんじゃないの。

20150927_030.jpg

どんどん抜かれるホンダ勢。

20150927_031.jpg

バトンは両側から抜かれたらしく為す術なし。そういえば2000年スパでシュー&ハッキネンにダブルパスされたのもホンダだったような。

20150927_033.jpg

アロンソも為す術なし。というかホンダのサウンドは際立って汚いのが大問題。しかもスプーンの遅さ(シャシー側の問題)もかなりのもの。

20150927_034.jpg

駿馬ですなあ。ライコネンも最近の鈴鹿では空気と化す。

ということで、今年も終わりました。レース自体はほとんど動きがなく、ザウバーのナッセが終盤ガレージインしたものの完走扱い、20台全てが完走となりました。14:00スタートだったので日の傾きが遅く、終盤まできれいに見られたのはよかったかな。ただし猛烈に暑く、いつも隣県にいるのに三重だけこんなに太陽が暑い(熱い)のはどういうことなのか。鈴鹿で晴れた時はいつも不思議なくらい暑くなります。

20150927_007.jpg

レース後のMエリア。こんな丸太ではなあ。たぶんスプーンエリア共通だろうけど、アリンコがものすごい勢い。仮設席のただのプラ板のみのシートといい、適当な草刈りといい、鈴鹿って「気持ちよく観てもらおう」というような準備をほとんどしていないように見えます。金がかけられないのか、やる気がないのかわかりませんが、最近のホンダ系企業のやることはだいたいダメだな。まあ古い施設なので、既得権とかいろいろあるんだろうな。

我々は丸太のないLエリアで、持参した椅子で観戦したので、これまでのクソ狭いスペースとはあまりに違い、疲れたらだらんとできるし、こんなにラクなことはありません。値段は下がったのにラクに観戦でき、写真もバンバン撮れるとは、こはいかに。

スプーンエリアのトイレは、去年よりは若干増えていました。

20150927_004.jpg

そんなこと書いてあるから、今年もな・ん・に・も買いませんでしたよ。おにぎりとお茶で十分ですわ。前に座っていた外国人の兄ちゃんは、20センチくらいあるグリル肉を食べていたな。とても旨そうには見えなかったけど...牛丼屋の出店でもあれば何百食も出ると思うけどな。

観客数は去年を上回ったらしいけど、去年は雨だから当たり前、2013年よりは減ったみたいなので、減少傾向に歯止めはかかっていませんねえ。でもこの西エリアチケットの企画自体は、我々にとっては非常に好都合でした。さして人の入っていないスプーンのカメラマンエリアなんて必要なのかな。あんなもんなくして、スピーカーの付いた電柱を観戦スペースの外側に移動したら、フェンス(これは絶対いる)以外なんにも障害物のない観戦ポイントになり、すごくいいと思うんですけどね。スピーカーからの音は、マシンからの音とは逆向きに聞こえるほうがいいと思うんですけど。

1コーナー付近はピットもあって賑やかだけど、スプーンも進入はかなりハイスピードで、クルマの動きもよくわかり、眺望も場所によってはよく、開発する気があればなかなかのポイントなんですけどね。まあ、人がそれほどいないので、ラクに観戦できるのかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.modularsound.net/mt/mt-tb.cgi/482

コメントする

カテゴリを選択

月別記事一覧

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。