top

F1 日本グランプリ 2016 (鈴鹿サーキット) その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

決勝前の国歌斉唱時、場内放送の冒頭が途切れる問題が発生。TVにも流れてなかったみたいでぷつっとスタート。なんかこういうの多いな。普通リハーサルでラインくらい確認するよねえ。ピエール氏が謝ってましたが、プログラムのアナウンスも決勝前はかなり不安定なものでした。スタッフ相当減らしたんじゃないの?

君が代も、ああいう洋風ソプラノってどうかなあと思うんですけど。ビブラートさせる歌じゃないでしょうに。かといってavex系とかを呼んでくるのもやめて欲しい。他のGPではご当地の衣装で普通にやってるのに、なんで奇をてらう必要があるのかな。TV録画を見たら、大臣が妙に緊張した表情だったのが面白い。

まあそうこうしているうちに始まりました。

20161009_059.jpg

ペレスはそこそこの走り。メルセデスエンジンはよく回っていました。

20161009_100.jpg

ベッテルは3グリッドダウンから挽回して走行していましたが、コンサバなチームの戦略ミスで表彰台に届かず。せっかく3番手に上がっていたのにねえ。でもマシンポテンシャルからはいずれハミルトンに抜かれていたかも。

20161009_070.jpg

パーマーをパスするリカルド。リカルドは予選からいまいち目立たず。と言うか過去も鈴鹿ではあまり目立っていないような。

20161009_095.jpg

ボッタスはフォース・インディア勢とバトル。

20161009_084.jpg

グティエレスもそこそこの走り。HAASは2台ともQ3進出だったのに、ポイントにはつながらず。

20161009_054.jpg

アロンソは予選からダメダメ。スプーン入り口のアクセルオフのタイミングが他車に比べて50mくらい手前なのでは?メルセデスの音は我々の手前までギーンと伸び切っていのに対し、ホンダ勢は相当前でエンジン音が終わり、あとは探りながら回る感じ。去年からそうですが、やはりシャシー側の問題が相当大きいんじゃないのかな。エンジンパワーがないのなら、コーナー進入近くまでパワーオンで引っ張ると思うんだけど。ブレーキングで全く安定しないのかな。

20161009_055.jpg

バトンもダメダメ。Q1落ちでなおかつPU交換で最後尾、マノー勢くらい抜けるだろうと思っていたら、相当長い間ドン尻で周っていました。抜く気ないのかなと思えたほど。マノー勢はダウンフォースがなくストレートが速いので、という解説もあったものの、スプーンの旋回でもさほどの差はなし。

20161009_060.jpg

マッサはラストランでポイント。

20161009_046.jpg

ハミルトンはスタートを失敗。クラッチだろうと思っていたらそうだったようですが、ホントか?という感もあり。

20161009_051.jpg

サインツ。いまいち影が薄い。

20161009_050.jpg

ヒュルケンベルグ。ウィリアムズ勢とのバトルがかなり続いていました。契約問題が長引き、やや精彩を欠いたか。

20161009_044.jpg

パーマー。走りよりもマシンのカラーリングがオツ。ホンダが落ちた分いつもよりやや上に来たか。

20161009_043.jpg

ロズベルグ。1週目から差がついたので、まあ楽勝レベルでしょう。エンジンは非常によく回っていて、スプーン進入直前までパワーオンだったのが印象的。かなりギンギンの音に聞こえました。

20161009_113.jpg

DOTDのフェルスタッペン。直前までのバトルにも関わらずスプーン付近で手を振っていて、やはり大物感あり。

記録上は去年もそうですが、今年は全く危なげなく全車完走(多少のスピンはあったようですが)。Lap5くらいまでは、ロズベルグ以外は完全に連なっていて、鈴鹿トレインの様相を呈していました。そういう意味ではレースとしては見どころほぼなし、まあ最後のフェルスタッペンのムーブと、表彰台をさらわれたフェラーリの戦略くらいでしょうか。

それよりも、レース終了後すぐに話題となったのが観客数です。3日総合145,000人、決勝日72,000人で、去年より全体で約20,000人減ったとか。でもスプーンLエリアは去年より早く来たのにスペースは埋まっていたし、たまたま連絡のあったtwitterユーザーの人によると130R席は入れなかったとか。決勝の録画を見ると、最終コーナーや2コーナーはガラガラで、あれならかなりラクに見られたでしょう。もうそろそろF1というだけで客が入るということはなく、できればチケットは安い方がいいし、テレビを上回る何かがないとわざわざ来ようとは思わないというのもわかります。とはいえ、マシンには華があるし、音は言われるほど悪くはないし、ちょっとした配慮があれば減り続けることはないのではないかと。

日本GPが近づくと急に多くなるのがドライバーのお遊び情報。どこに出没したとかいろいろありますけど、妙にフレンドリーなのが多い。ショーではあってもれっきとしたレースなので、あまりくだけた感じなのもなんか変なんですけどね。観光のついでにレースしていくような感すらあります。もちろんそんなことはなくて、一つ間違えればビアンキのようなこともあるわけで、また最近はやたらとレースがあってしんどいので、日本で息抜きしたいということなのかもしれません。

ロックフェスがいまだに続いているように、やっぱり外タレイベントなのかな。これだけ歓迎されて、選手も嫌な気はしないでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.modularsound.net/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする

カテゴリを選択

月別記事一覧

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。