駅名標キーホルダー

どこの観光地、PA/SAでも売っていた駅名標キーホルダー。前後の駅は近隣の著名地になっていることが多く、駅名自体も当然実在の駅ではなく観光地の名前もしくは通称・呼称となっています。小さな鈴が付いていたり、その土地にちなんだマスコットが一緒に付いていました。この頃はまだゆるキャラなどなく、思い思いのマスコットでした。

書体は写研スーボとナール。これもこの時代ならではのものです。